現在地
  1. HOME
  2. About Iguchi(QandA)

QandA

  • 野球を始めたきっかけは?

    父親が少年野球のコーチをやっていたことがきっかけです。幼稚園の頃からバット引きをしていましたね。実際にチームに入ってプレーしたのは小学校3年生からです。

  • 野球をやっていて楽しいときは?

    チームが勝ったときが一番です。個人的な話をすれば、良いピッチャーと対戦できたときですね。打てたときはもちろんですけど、打てないときでも相手ピッチャーとの駆け引きを楽しんでますよ。

  • もしプロ野球選手ではなかったら?

    車が好きなので、レーサーですかね。プロ野球選手には小学校高学年の頃からなりたいと思っていましたよ。

  • ジンクスは?

    打てているときはバッティンググローブを変えないですね。普通なら2、3試合で変えるんですけど、調子が良いと同じものを一週間くらい使うときもあります。

  • 遠征のときに持ってくものは?

    パソコンです。車関係のサイトとはよく見ています。

  • 性格を一言でいうと?

    曲がったことが嫌い、でしょうね。

  • 座右の銘は?

    「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

  • 休日は?

    家族との時間を過ごしています。買い物や子供の送り迎えなど、休みの日にしかできないことですからね。
    あとは、時間があった時に庭の掃除もしています。

  • 今シーズンの目標は?

    チームのリーグ優勝、日本一です。連覇が可能なのはマリーンズだけなので、成し遂げたいですね。 個人的な目標は3割、100打点です。

  • 子供たちにメッセージを一言

    大きな目標を持って、その過程で小さなことを一つひとつ頑張ってください。

  • 昨年、清田選手はトークショーイベントでベンチでは井口選手の隣に座りたいと言っていました。何でも教えてくれるとも話していました。若い選手達に1番伝えていきたいと思う事は何ですか?

    野球選手である前にひとりの社会人であれ、ということです。野球だけというよりは、普段の生活をしっかりと過ごすことが大事だと思います。プロ野球選手だから・・・と思う選手も多いのですが、やっぱり、グラウンドを離れればひとりの社会人ですから。日頃から、若い選手にはこのようなことを言っています。

    プレーに関して何か言うことはないです。ただ、その時々のシュチュエーションで「どうする?」という話はします。意見交換、ですね。あとは、守備の場面であれば「なんでここに送球したか」とかですね。瞬時の判断なので、本人たちが良かれと思いプレーしたときでも「点数を考えたらこっちに投げたほうが良いよ」と伝えたり。コーチにガツンと言われる前に、僕らが言ってあげたほうが良いと思うので。くだらないこともベンチで話していますよ。

  • 昨年、井口さんはパ・リーグの打者で最も四球が多い選手でした。どうして四球が多いのですか?コツはありますか?

    塁に出たい気持ちが強いことと、厳しいボールを無理に打ちにいかないことです。塁に出ることが1番大事なので、そういう意味では、ヒットも四球も一緒だと思っています。相手が際どいコースに投げたときは、その術中にはまらないように、振ることを我慢しています。厳しいボールを振っても全然ヒットにならないので。でも、練習中はボール球でも振っていますよ。実際に振ることでいろんなボールに対応できるようにはしています。試合になったら、甘いボールだけを打つ、というのを意識しています。

  • 昨シーズン、西岡剛選手(現=ミネソタ・ツインズ)と話すことが多かったと思います。どんな話をされていたのですか?

    野球のことでは、守備範囲の位置ですね。このシュチュエーションではこうしたほうが失点を防げる確率が高いよ、といった話が多かったです。例えば、相手選手が盗塁した際に、セカンドとショートのどちらが入るかによってポジションも変わってきます。ランナーが1塁で、レフト前ヒットだと1、2塁となりますが、ライト前ヒットだと1、3塁になってしまう可能性もあります。この時、ショートの選手は無理をしてでも2塁に入らないといけない場合もあるので。あとは、僕の経験上の話が多いかもしれないですね。西岡選手がメジャーリーグに行くということもあって、僕の経験談を彼が聞いていたという感じです。ロッカールームでの雰囲気やキャンプ、遠征などの野球の話。あとは、日本食はどこで食べるのかといった生活環境についても話していました。

  • 試合が雨天中止になったときは、どのように過ごされているのですか?

    僕はできるだけ早く家に帰るようにしています。基本的に雨天中止の場合はホームゲームということもあり、自分の練習が終わったらすぐに帰宅し、家族と一緒に過ごします。特に今シーズンは過密スケジュールということもあるので、いい休みだと思い、頭を切り替えています。